キム二二、@k__nini, 1993年生、振付クリエイター

Nini Kim, @k__nini, 24 years old, dancer

 

 

自己紹介をお願いします。

カバーダンサーとして活動している振付クリエイターのキムニニだ。

Please take a moment and introduce yourself.

I’m Nini Kim and I am a choreograph creator who’s currently active as a dance cover artist.

振付クリエイターという言葉は少し見慣れない単語だ。振付師とも呼ばれることがあるようだが​​。

振付師と呼ばれるにはまだまだで、カバーダンサーの方がしっくりくる。

Personally, the term “choreography creator” is a bit strange.  Could we also use the term “choreographer?”

It’s still not enough to be called a “choreographer”, but it’s probably right to use “dance cover artist.”

どういうことをしているのか。

私に「クリエイター」という修飾語ができ、クリエイターたちを専門的に管理してくれるエンターテイメントに所属しながら、映像活動をしている。同時に、講師の仕事もしている。

So, what exactly do you do?

As my title of “creator” is being formed, creators are being professionally managed by those affiliated with the entertainment industry and creating videos. Additionally,creators are being used as instructors.

本格的にダンスを始めたきっかけが気になる。

幼少時代からダンスをしていてきちんと学び始めたのは、高校2年生の時だった。 2年ほどスクールでダンスを学びながら講師の準備をしていた。もともとは、国内の有名事務所のバックダンサーとして準備していたが、家の状況が良くなく悩んでいたところスクールの院長の推薦によって講師の仕事を始めることになった。授業を無料で聞く代わりに給料はもらわずに講師の仕事を週に1,2回ほどした。そして大人になってからはダンスをやめて、専攻で勉強したことを生かしてWebデザイナーとして会社で働いた。その時人生の虚無感を感じていた。私の日課は会社と家を往復することだった。退屈だった。そうするうちに舞台に上がり楽しんでいた子供の頃の記憶が浮かび、再び趣味として踊らなければならないと思った。なので最初は親しい友人だけを集めてダンスを教えることから始めた。その後ダンス動画をSNSにあげたところ反応がかなり良かった。

I’m curious about when dance became serious for you.

I’ve been dancing ever since I was a child, but it wasn’t until the second year of high school that I started to dance properly. After spending two years studying dance at a studio, I prepared to be an instructor. Well, originally, I prepared to be a back-up dancer for a famous, domestic agency, but due to circumstances at home not being great, I gave it a lot of thought and took the owner of the studio’s recommendation and ended up starting work as an instructor.  I taught one or two times a week and waived my salary on the condition that I could take classes free of charge. Later, as an adult, I quit dancing, and took advantage of my major by working for a company as a web designer. It was then that I suddenly got the thought that life was free. My routine was a back and forth of going to work and going home. I was bored. Then, I recalled my childhood memories of when I enjoyed going up on the stage and thought that I should dance again as a hobby. So, in the beginning, I started to gather my best friends and teach them to dance. Over time, I started uploading dance videos on SNS, and the response was pretty good.

趣味だったダンスが自分の専門になったきっかけは?

週末だけ人に教えていてそれが順調だったため、前からしていた仕事を辞めて、ダンスオンリーに集中するようになった。最初は屋上で三脚を置いて動画を撮った。だんだん撮影技術が上がり、撮影チームも出来てきて動画のクオリティも高くなり、私の動画を誇らしいと話してくれる昔からのファンもいた。そんな時とても気分が良い。初期に連絡していたファンとも未だに連絡をとっている。ファンと私の間には、密接な何かがある。

How about the conversion from dancing as a hobby to dancing as a profession?

I taught people only on the weekends, and when it started to feel like it was becoming something, I stopped doing what I originally did and became all-in for dancing. At first, I used to just take a tripod on the rooftop and shoot the video. Then, when I got better shooting equipment and an actual shooting team, a lot of long time fans said they felt proud of the improved quality of video. It’s times like those that make me feel good. I still keep in touch with my fans who were there in the early days. There is an indescribable closeness between the fans and me.

クリエイター後の人生はどうなっていると思うか。

私はカバーダンスを1つのコンテンツとして扱うクリエイターなので、曲にこだわる方だ。その月に歌手の良い曲や良い振付が出なかったら力が抜ける。良い歌が出てこそ私も良いコンテンツを作ることができるので、良い歌、良い振付がたくさん出たらいいなといつも期待している方だ。また、コンテンツがカバーダンスと踊りで、他のクリエイターたちよりも多様性が少ないため、長い間出来る職業ではないと考えている。だからまた別のことを準備をしているのだが、それがまさにショッピングモールである。以前にもダンスと並行してショッピングモールを始めたことがあるが、とても大変だった。夜明けには東大門に行き、日中はダンスの練習をしてスケジュールをこなして、仮眠も取らないといけなくてその時は生きている心地があまりしなかった。だからジョッピングモールを閉鎖したが、今はもう自分で仕事を調整できるほどになったので、再びショッピングモールの準備を進めている。いずれダンススタジオを設立することが夢だ。自分で弟子の養成もしてみたいし、そういう意味で今いつも連れて回っている友人が1人いる。

What about life after the “creator?”

I am a creator who deals with cover dancing as content, so I tend to be very courteous to the song. If you start thinking that a good song or choreography didn’t happen that month, then, you will get discouraged. Because I can make good content and good choreography only when a good song comes out, I always hope for a lot of good songs and a lot good choreography to come out.  Also, since the content, which is cover dancing and dancing, is not as diverse as what other creators have, I don’t believe this is something that can be done professionally for a long time. So, I’m preparing to start something else, the first of which is a shopping mall. A while ago, I tried starting a shopping mall in parallel while dancing, but it was too hard. I went to Dongdaemun at dawn, practiced dancing during the day, and then, when I tried to adjust to that schedule, I had to take naps which it made me feel like I wasn’t really living. So, I ended up giving up the shopping mall, but now I think that I am coordinated enough with my work that I am getting ready to go back to the shopping mall. Later, it is my dream to establish a dance studio. I also want to train my students. In that sense, there is one friend that I’m taking along now.

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017ファッション

|

トレンチドレス(ワンピース)

|

ニットドレス(ワンピース)

|

ファッションアパレルショッピングモール

|

ファッションサイト

|

フォーマルドレス(ワンピース)

|

ロングドレス(ワンピース)

|

冬のドレス(ワンピース)

|

女性のドレス(ワンピース)

|

女性のドレス(ワンピース)

|

女性コート

|

女性服

|

女性服のスタイル

|

秋のドレス(ワンピース)

|

韓国のストリートファッション

|

韓国の冬のファッション

|

韓国の女性のスカート

|

韓国の女性のバッグ

|

韓国の女性のファッション

|

韓国の女性の靴

|

韓国の秋のファッション

|

韓国の衣類

|

韓国の衣類ショッピングモール

|

韓国ファッション

|

韓国ファッション通販

|

韓国ワンピース

|

韓国女性雑貨

|

韓国流行ファッション