こんにちは、皆さん! ٩( ᐛ )و♥お元気でしたか?
いつのまにか2020年も下半期に入りましたね。
今年の夏はとても暑くなると聞いて、もう今から緊張しています。

.

今日は、私が最近ほぼ毎日しているメイクを用意してみました。
ダークカラーが入る濃いメイクを
負担なく、自然に楽しめるので
ぜひ皆さんに紹介したいと思います (❁´▽`❁)*✲゚*

.

.

*使用レンズ:BAUSCH LOMB Lacelle #Dear Brown(1 Day)

Part 1. Base Makeup

私が初撮影の時からよく使っているプラ​​イマーです。
油分はさっと抑えてくれながらもしっかり保湿してくれるので
夏に使用するのにめちゃめちゃ良いアイテムなんです。
確かに毛穴や凹凸をカバーされています!

私がずっと使用している製品です。
ミルクテクスチャーの柔らかい肌ノリとさわやかな仕上がりが特徴です。
ピンクカラーでトーンアップされ肌がしっとりして
ベース類が肌にきれいにのるという良さがあります。

まだ期末試験の後遺症から抜け出せず
クマがひどいままです (๑′̥̥̥▵‵̥̥̥ ૂ๑)
2番目の色を指で広げてコントゥアリングします。
肌浮きせず密着するので持続力が最高です ໒( ͡ᵔ ▾ ͡ᵔ )७

.

肌の色と近い色のコンシーラーでクマやシミを隠します。
一度で隠れない部分は、何度も薄く重ねながらカバーしてください。
特に小鼻横の赤みをカバーするときに崩れないので使いやすいです。

冬でも乾燥を感じないほどよく使っていたファンデーションなので
夏でも使えるかなと思っていたのですが、めちゃくちゃよく使っています!
薄く滑らかに塗れてサラサラに仕上がり、ほのかなツヤが出ます。
ウォータープルーフなので汗や皮脂に強く、ほとんど崩れません。
カバー力もある程度あるので重いのが嫌いな方は
日焼け止めとこれだけ塗ってもベースが完成します!:)

 肌のキメが赤ちゃんのようにサラサラになるのに
ファンデーションのツヤまでそのままコーティングしてくれる感じです。
ブラシで、厚くなりすぎないようにのせてください。

Part 2. Brow Makeup

最近はパウダーケーキで出せる自然な感じの眉が描きたくなります。
隙間を埋めて薄めに描きます。

眉毛の端はペンシルを使用してシャープに描きます。
私は眉頭の方に隙間があるので一本一本描きました。

ブロウマスカラを塗って持続力を高め、
ワントーン明るくして印象を柔らかくします。

Part 3. Shading

最近、鼻シェーディングに時間を使っています。
まず、鼻筋のすぐ隣に影を濃く入れます。
くぼみ部分にも少しずつ陰影を自然に重ねます。
メイク順番をこうすれば鼻や顔が長く見えません。

鼻先にも気を使います。
明るいカラーで、全体的に一度小鼻の形を抑えて、
中間カラーで鼻の下にV字に影を描けば
鼻先がシャープに見えます。

.

顔の輪郭

あまり強すぎないように顔のシェーディングは薄く入れる方です。
シェーディングの中間カラーでアゴの線に沿って陰影を入れ、
斜線で頬骨ラインに影を入れて横方向に小さく見せながら
雰囲気があるように仕上げました。

Part 4. Eye Makeup

Step 1.

アイプライマーをなじませます。
発色力だけでなく持続力まで高いので、
夏には必須アイテムです!

.

Step 2.

#M-518 Nudeカラーをベースに、目全体に広げます。
グレーみが少しあるクールベージュカラーで、
目元の色を整えます。

.

Step 3.

#M-546 Dark Purple Taupeカラーで第1段階の陰影を加えます。
目尻をシャープに描き、下まぶたのラインを下がりめにするイメージで
三角ゾーンを強調して塗ります。

.

Step 4.

下まぶたの粘膜を埋めてアイラインを描きます。
昔はアイラインをシュッと下げて描いていたのですが、
最近は先端は軽く上げるて描くか、平行に描いています。

.

Step 5.

#M-608 Red Brownカラーを小さく硬めのブラシにつけて
アイラインの端がスリムにみえるようにして、完成度を高めます。
そして軽く目尻を伸ばすイメージで陰影ポイントを加えて、目がより深く見えるようにします。
特に下まぶた後ろ部分に点をつけるように描くと、目元もすっきり見えてきれいです。

.

Step 6.

#M-549 Dark Taupeカラーで第2段階の陰影を加えます。
二重ラインまで入れて目尻を伸ばします。
色が薄く見えるかもしれないので、量の調節をして
下まぶたラインも少し加えました。

.

Step 7.

ビューラーをして、今日のポイントであるグリッターを加えます。

①まず、シマーなベージュピンクのスティックシャドウを下まぶたに塗って
グリッターの発色力と持続力を高めます。

②次のStarlit Powder#03 Frozen Orangeで涙袋にボリューム感を与えます。
(肌の色によく合う華やかなピンクオレンジカラーです。)

③その次にStarlit Diamond Powder#107 Bronzeを軽く押すイメージで塗ります。
これは光が当たる角度によって、ピンクに見えたりしてゴールドに見えたりして、本当に華やかに仕上がります!

④最後に、上まぶた中央部分は#I-528 Pearlカラーでほのかに仕上げます。

.

Step 8.

ブラックマスカラで人形のようなまつげを作ります。
ビューラーを入念にすることでマスカラがきれいに塗れます!

.

+

さっき使ったパウダーケーキで涙袋の影を描くと
涙袋がより強調されます!

Part 5. Face Makeup

ドライローズカラーのチークを斜めに入れます。
指で広げながら塗ると水彩画のように発色します。
その後にパウダーをもう一度叩いてください。

ホワイトゴールドのハイライターで
鼻の先端、鼻筋、額、あご、頬骨上部を明るくします。
明るく華やかな輝きが魅力的で
メイク全体に高級感をプラスしてくれる製品なので愛用中です。

Part 6. Lip Makeup

このリップシリーズは暖かく濃いカラー感が特徴ということもあって
単独カラーでグラデーション使いしてもきれいです!

赤みを感じるドライローズカラーを
リップブラシにつけて少しずつ重ねて色味を加え、
リップラインを少しはみ出させてオーバーリップにします。
最後には内側のみリップそのまま塗って
ウンパウンパ唇を馴染ませればくれればふわっと華やかな唇を演出することができます。

.

☆★これでメイク完成です!★☆

今日着た服は私が普段よく着ている普段着の1つです。
白いブラウスとウォッシンデニムの組み合わせが抜け感を出してくれて、
軽く力を抜いたような最近のメイクとよく合います。

.

クールブラウンのメイクを探している方、
シックな雰囲気を出したい方、
また濃い目のメイクを自然にしたい方に
このメイクをおすすめして今日のコンテンツを終えようと思います。

.

今日のコンテンツはここまでです!
読んでくださりありがとうございました*(*´∀`*)☆

Recommended Posts

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment