[SEOUL SELECT] 今年の夏はノーファンデメイク♥: 夏にぴったりのマスクメイク

[SEOUL SELECT] 今年の夏はノーファンデメイク♥: 夏にぴったりのマスクメイク

by pyuritz1216

 こんにちは皆さん!٩( ᐛ )و♥
天気が本当に暑くなってきましたね。
30度を上回る温度にマスクまでつけなくてはいけない最近、
薄い不織布マスクをつけても、涼しかった頃とは比べものにならないくらいメイクが崩れているのをみると
もう…とっても悲しいですよね(•̥́_•ૅू˳)

 そこで、今日のコンテンツでは夏にぴったりの
簡単なノーファンデメイクを準備しました 🙂
マスクにメイクがたくさんついてしまうのが悩みでしたら
1度真似してみてください❤⃛ヾ(๑❛ ▿ ◠๑ )

PART 1. Base Makeup

 化粧水のみ塗った状態でメイクを開始します。
ベースメイクが厚いほどマスクにメイクが付着して、
メイクが取れた部分が目立ってしまうので、
ベースメイクには最大限力を抜くようにします。

①Sun Block

しっとりした水分クリームのようなテクスチャーの日焼け止めですが、
油分やテカリがなくしっとり塗れるのでデイクリームの代わりに使用します。
仕上がりが軽くさっぱりしているのでメイクが崩れません ( •⌄• ू )✧
紫外線とブルーライトカット機能はもちろんです!

夏にマスクをつけると、肌の油分と水分のバランスが崩れやすいです。
このアイテムで水分を補給することで、肌を守ります。

②Tone-Up Cream

乳液のようになめらか塗れるトーンアップクリームです。
水気があるのでなめらかにまんべんなく塗れて、
自然に透き通った肌にトーンアップしてくれ、さっぱり仕上がります。
成分も肌に優しいものが含まれているので敏感肌の方もお使いいただけます。

今日はファンデーションの代わりにトーンアップクリームでベースをします。
肌のトーンが整えられ、メイクの色合いをより引き立てることができます。

③Concealer

 コンシーラーで、カバーが☆必ず☆必要な部分をカバーします。
私はクマ、小鼻の赤み、唇下の着色のみカバーしました。

④Blusher

ソフトコーラルピンクカラーのクリームチークです。
無難な色ですが、雰囲気がありながらも可愛らしい感じを演出してくれ、
時々引っぱり出して使っているカラーです (´。・v・。`)

ソフトな色味のチークで、生き生きした感じと可愛らしい雰囲気を加えます。
ファンデーションと混ざらないので澄んだ色に発色してくれるチークです。
マスクをつけても軽く見えるように目の下を中心になじませてください。

⑤Powder

繊細なパウダーによって顔にほのかなツヤを出してくれますが、
ベルベットマットな感じに仕上がるアイテムです。
ナチュラルなオパールカラーの粒で肌の欠点をカバーしながら、
乾燥せずに長い間持続するという点が特徴です。

マスクメイクでは、パウダー処理が重要です。
しっかり固定することで、マスクにメイクがつかなくなります。
ジバンシーのパウダーを手でよく混ぜた後、パフで叩き、
透明で自然な感じにベースを仕上げます。

PART 2. 眉毛

 ナチュラルな眉を描いていきます。
パウダーケーキの明るい色で眉毛の間を埋め、
ペンシルで眉尻だけシャープに描きます。
最後に、眉マスカラを塗って持続力を高めます。
最近、この方法にはまっているのですが、時間がそんなにかからないのに完成度が
高いのでおすすめです(๑꒪▿꒪)*!

PART 3. Shading

①鼻

 マスクをつけたときに、鼻のほとんどが隠れる点と
鼻先がマスクによく擦れるという点を考え、
鼻筋を中心に明るいカラーでシェーディングをして、鼻先には軽く入れます。

②顔の輪郭

 薄いメイクほどシェーディングが本当に重要です。
顔の空白が少ないほど、もの寂しい感じを
他のポインントメイクでカバーできないからです。
顎をスリムにしながら内側に軽く入るように
いちばん明るい色との中間の色を混ぜて濃くなりすぎないようにします。

PART 4. Eye Makeup

Step 1.アイプライマーを少量薄く伸ばして
アイメイクの発色力を高めます。

Step 2.#02 Youth Peachをまぶた全体に塗ります。
肌色ベースカラーで、目元が華やかになり、色素沈着した部分もカバーしてくれます。

Step 3.#05 Free Soulで二重の内側に影をつけます。
ソフトなピーチベースカラーですが、彩度が高いので
夏メイク感が一気に出ます。
#06 Pink Tripで下まぶたにポイントを与えて
コーラルのようなピンクのような絶妙な感じを加えます。

Step 4.マスクの上から呼吸による湿気が上がって来るので、
ペンシルタイプはにじむ可能性があります。
リキッドタイプを使用して粘膜のを点を置くように描いて埋め、
ダークブラウンカラーのシャドウで目尻ラインを引きます。

Step 5.#10 Peaceful Dreamでラインの先端をシュッとさせて
アイラインにポイントを加えます。
#09 Summer Timeで下まぶたの三角ゾーンと目尻を軽く押すように描いて
陰影をつければ完成です( •⌄• ू )✧

Step 6.スキントーンベースのグリッタータイプの#03 Juicy Waveで
上まぶたと涙袋全体を明るくしたあと、
涙袋のいちばん厚い部分と上まぶたの中央部分に#04 Fresh Punchを
塗って涙が固まったようなきらめく加えます。

Step 7.ビューラーで下まつ毛まで入念にカールし、
ブラウンマスカラで固定させます。
これでアイメイクは完成です♥

PART 5. Lip Makeup

 今日はハイライト省略します ∕∕∕ ∕ ∕∕˛₍˴◅ˋ)੭✧∕∕∕ ∕∕
すぐにリップメイクに入るのですが、
マスクに付かないように、密着力と持続力が良い商品を
選んで薄く塗ってみました。

/ BOURJOIS Velvet the Pencil#11 Red Vintage

柔らかい塗り心地と鮮やかな高発色、軽くサラサラな仕上がり!
マスクメイクにぴったりじゃないでしょうか?!
ドライローズにブラウンカラーを一滴落としたようなカラーで
雰囲気とヴィンテージ感を全体的に出します。

.

/ TONYMORY Perfect Lips Monochrome Matte Lipstick#01 死んでもレッド

マットなピンクレッドのリップを内側のみ塗って
唇に赤みを加えて、自然に仕上げます。

 最後にフィクサーをまんべんなくふりかけます。
夏にフィクサーは選択ではなく必須だと思います。
メイクの持続力が一気に高くなります。

 今日はベースメイクに最大限力を抜きましたが
いちばんのポイントとも言えるマスクメイクをご紹介しました。
ピアスもマスクに引っかからないように小さいものをつけてみました( •⌄• ू )✧

 気温がどんどん暑くなってきてメイクが崩れやすいのに
マスクまでつけなければならない辛い夏ですが、
コロナに打ち勝つまでこのマスクメイクで頑張りましょう!(๑•̀ㅂ•́)و✧

 今日のコンテンツはここまでです!読んでくださりありがとうございました(ღ˘⌣˘ღ)